モデル体型をゲットしたいなら|脂肪吸引施術を受けるべし

先生

難しい部分痩せが叶う方法

ナース

施術前に知りたい情報

お腹回りや太ももなど、気になるところにいつの間にかついていた脂肪。ダイエットしてみてもなかなか痩せるのは難しいですよね。食事制限や運動はなかなか続かないし、どうしても痩せるまで時間がかかってしまいます。そんなときにおすすめなのが、脂肪吸引です。 脂肪吸引とはその名の通り、脂肪細胞を吸引することで物理的に減少させるという、比較的安全性の高い美容整形です。脂肪細胞にはエネルギー蓄積という役割があるため、これが増えてしまうと太ってしまう原因になります。脂肪吸引はそれを減らすため、脂肪がつきにくい体になり、リバウンドが起こりにくくなります。また、即効性があるので早く痩せたい人におすすめです。ダイエットでは難しい太ももや二の腕などの部分痩せにも適しています。しかし、効果には個人差があるため、自分の理想の結果にならない場合があるため注意が必要です。また、健康保険が適用されないため費用がかかってしまいます。クリニックによって値段が変わる場合があるため、しっかり確認してから施術を受けるようにしましょう。 脂肪吸引は大きく「切る」ものと「切らない」ものの2つに分かれます。切る方法は、吸引管を脂肪内部に入れるため、その管の大きさ分切ります。直接吸引するため一度に多くの脂肪細胞を吸引することが可能です。しかし、麻酔をしていても少し痛い場合があります。また、痛みや腫れが続くなどダウンタイムがあることも注意しなければなりません。痛みに弱い人は、切らない方法を選んでみてもよいかもしれません。専用の機械や薬剤を使うことでメスをいれずに脂肪細胞を減らすことができます。しかし、切る方法と比べると、一度に多くの脂肪細胞を吸引することは不可能であるため注意が必要です。一方で身体への負担が少ないというメリットもあります。自分の目的や体にあった方法を選んで、脂肪吸引を行ってください。 切る脂肪吸引には多くの方法があります。最も一般的なのがチューメセント法です。止血薬や麻酔薬を専用の溶液で薄め、それを脂肪に注入して吸引します。負担が少ない方法は、ベイザー脂肪吸引です。ベイザー波という振動エネルギーを吸引したい部分にあて、その脂肪細胞を柔らかくし、カニューレ管を挿入して吸収するというものです。体外式超音波という、超音波装置を脂肪にあて、その部分を柔らかくして吸引するという方法もあります。 切らない脂肪吸引は専用の機械を使って脂肪を落とす方法が多いですが、脂肪溶解注射という方法もあります。脂肪分解の作用を持つ薬剤を気になる部分に注射することで、脂肪の溶解と排出を促すというもので、身体への負担が少ないです。副作用を起こす可能性も低く、施術自体も短時間で終わります。しかし、一回では効果がでないため、何度か施術を受ける必要があります。また、持病がある人や妊娠中の人は受けることができません。細かい部分の脂肪吸引に適している方法なので、顔の脂肪を減らしたい人におすすめです。 脂肪吸引を正しく行い綺麗に痩せるためには、クリニックや医師をしっかりと選ぶ必要があります。自分にあった施術方法や費用に適したクリニック、そして実績のある信頼できる医師を選んで、綺麗な体を目指しましょう。